山本 隆平 /Video Director

山本 隆平

  • 映画の助監督としてキャリアをスタート。その後映像制作会社にて映像ディレクター・プロデューサーとして従事。
  • 企画・実写案件を得意とし、さまざまなジャンルの映像企画・ディレクションを担当。

interview

アイリスに入社した経緯

動画コンテンツが膨大に制作され、消費されていく今、求められるコンテンツを、求めている人へ、より確実に、より深く届けることの出来る環境を求めて入社しました。

仕事に対する理念

「何となくを一番良い形にする」
動画コンテンツには成功はあっても、正解はないと考えています。
スタートは何となくであっても、一番良い形で見る人に伝える。
そのことを念頭に置いて、企画〜制作を行なっています。

仕事に対する理念

「何となくを一番良い形にする」
動画コンテンツには成功はあっても、正解はないと考えています。
スタートは何となくであっても、一番良い形で見る人に伝える。
そのことを念頭に置いて、企画〜制作を行なっています。

映像に対する情熱

最近は、スマートフォンで手軽に綺麗な映像を撮影できるようになり、映像情報を伝達する媒体も多岐にわたります。
その中で多くの素晴らしい映像が作られていて、感動するものも多く、自分もより心に届く映像を作らなくてはという思いに駆られています。

今後の展望

日々進化するテクノロジーを生かし、人に面白がってもらえる映像を作り、効果的な方法で人に届けられるような仕事をしていきたいと思っています。

今後の展望

日々進化するテクノロジーを生かし、人に面白がってもらえる映像を作り、効果的な方法で人に届けられるような仕事をしていきたいと思っています。

schedule

山本ディレクターの1日

IIRIS
ON

  • 10:00
    出勤
    テレワークなので出社していたころより朝に時間のゆとりができました。
  • 10:00
    出社
    現在はリモートワークで、PCが開いたら出社。
    まずは、メールの確認と返信を行います。
  • 10:30
    朝礼
    クリエイティブチームでタスクと進捗の確認、共有を行います。
    チームのメンバーの表情や変化などを観察したりもしています。
  • 11:00
    リサーチ
    動画の企画・構成に必要な情報をリサーチしていきます。
    参考資料はインターネットの情報に限らず、書物や文献に当たることもあります。
    動画の目的やターゲットをより具体化し、流行や手法など徹底的に調べていきます。
  • 13:00
    昼食
    テレワーク中は家族と食べることが増えました。
  • 13:00
    昼食
    午後眠くならないよう、軽く済ませることが多いです。
    食後、気分転換を兼ねて散歩をします。
  • 14:00
    企画・構成
    リサーチを元に、動画の企画や構成を作っていきます。
    全体像を作ったのち、何度も組み直して一番良い形を探ります。
  • 16:00
    オンラインミーティング
    クライアントと動画制作のミーティングをオンラインで行います。
    方向性や手法、今後の流れなどを確認します。
  • 17:00
    映像確認
    クリエイターから届いた映像を確認します。
    想像以上の出来上がりになっている時には、感嘆の声を上げたり、嫉妬したりします。
  • 18:00
    情報をチェック
    メンバーからチャットで、広告に関する最新情報や気になるニュースが共有されることもあります。必要な情報を読み込み、知識をアップデートしていきます。
  • 19:00
    業務終了
    最後に翌日以降のタスクとスケジュールを確認して、業務を終了します。

IIRIS
OFF

  • 9:00
    起床
  • 10:00
    読書
    積読本を読み始めます。ミステリー、SF小説を読むことが多いです。
  • 13:00
    昼食
    外出し、ふらりと新しい店に立ち寄ります。コロナ禍では、テイクアウトして公園で食べることも増えました。
  • 15:00
    映画・海外ドラマ鑑賞
    家に戻り、映画や海外ドラマを見ます。海外ドラマは、一気見して気がつけば翌朝ということも。
  • 19:00
    オンラインライブ鑑賞
    夕食をとりながら、ライブ配信を見ます。
  • 21:00
    読書
    眠くなるまで再び本を読みます。
  • 1:00
    就寝